MUPカレッジ

【MUP:Week4】継続スキル:成長の継続にモチベーションは邪魔

モチベーションは捨てる

モチベーションはビジネスをするうえでも、何かを継続するうえでも本当に邪魔である。

一番重要なのはセルフマネージメントである。

何かを継続するにも、継続するスキルが必要である。そしてそれは仕組み化である。

インプット→アウトプット→行動→継続→失敗/成果なし→継続→結果が出る

しかし失敗と成功の間にモチベーションがあると気持ちに大きな浮き沈みが発生してしまう。

だからこそ、モチベーションが関与せず動ける仕組み化が必要である。

例えばコンビニのおばちゃんが良い例である。おばちゃんはモチベーション関係なく品出し、レジ打ちを行う。なのでコンビニは続いている。

それはコンビニのマニュアルがしっかりしているからである。

よく会社などでも、後輩のモチベーションを上げるため飲み会へ連れて行きどんだけ褒めても

その後、後輩が親、彼女と喧嘩などしてしまうとモチベーションは一気に下がってしまう。モチベーションは株のチャートみたいな物である。

結果としてモチベーションは必要ないのである。

どういうふうに継続をしないといけないのか

1日は誰にでも1秒も狂わずに平等である。

何かスキルをつけるには、まず時間が必要である。

時間というのは「上手い使い方」と「下手な使い方」がある。ビルゲイツも、竹花さんも、僕も時間は1秒も狂わずに平等なのである。

使い方の違いで、スキルの取得のできるボリュームが変わってくる。ではどのように時間を使っていけばいいのか。

これが、スケジューリング(タイムマネージメント)である。スケジューリングは普段から行っているが、多くの方は書き方に問題がある。

スケジュールは予定では意味がなく、行動表であり目標管理シートである。何曜日に誰かとランチのような付け方をしてるが、

タスク毎に制限時間と行動を入れる必要がある。必ず誰かに会うといったスケジューリングではなく、ここは人と会う時間だ。とういうスケジューリングにする。

また朝起きてカフェに行くなど、カフェに行って何をするかなどその時に考えればいいのでとにかくその時間に何の行動をするのかを明確にする。

そのスケジュールが出来なければ行動表から消す。出来なかった事が多ければ行動表の空欄が増えていく。少しでもその空欄を減らして、それを継続する事が重要である。だから目標管理シートであり行動表なのである。

行動表が決まればその通りに行動する

サッカーが良い例である。サッカーは笛が鳴ればその時点で試合が終わり、その後に得点が決まってもそれは無効になる。行動表も同じであり、その制限時間内に終わらなければその時点で負けとなる。

タスクの重要性、非重要性をきっちりと分けること

まずは日々のタスクを書き出し、重要/重要でない、緊急/緊急でないとグラフに書き出し明確化する。

緊急/重要:クレーム処理、締め切りのあるタスク、緊急/重要でない:突然の訪問、多くの電話

緊急でない/重要:スキルアップ、資料準備、健康維持、緊急でない/重要でない:テレビ、飲み会

などに分類される。そして緊急/重要:減らす、緊急/重要でない:放置、緊急でない/重要でない:やめる、緊急でない/重要:増やす

「8時間木を切る時間があるのであれば、5時間は斧を研ぐ時間に使う」とういう風に緊急でなく/重要な事を多く増やすよう行動する。

時間は二種類。生産可能時間と非生産時間。

我々は隙間時間の活用法がとても下手である。非生産時間を徹底的に排除する。例えばオフィスに行ってFacebookでクライアントとやりとりするなど。Facebookの返信は満員電車で立っていても可能である。それをどうしてオフィスでの貴重な時間に行うのか。満員電車は非生産時間であるがそれをどう生産可能時間に変えられるかが重要である。

また人に会い、それで終わりではなく継続する必要がある。人と繋がれば必ずSNSで繋がる。竹花さんはそれを徹底している。

LINEは用事がないと連絡しない。だから一回会っただけの人は忘れてしまう。しかしSNSは交換する事でその人の投稿が出てくるのでその人のこと忘れないし、いつでも出てくる。

人と会い、学ぶ事ができればそれをブログに書く。その時間がなければそれを友達に電話などで発信しアウトプットする事が重要。

このように非生産時間をしっかり生産時間に変えていけるように務める。

-MUPカレッジ

© 2020 自分の体は自分で守る Powered by AFFINGER5