MUPカレッジ

【MUP:Week5】マインドセット:誰かを幸せにしたいはうわべのやつの言葉

人々を幸せにしたいは捨てろ。まずはキャッシュをとにかく生み出せ。

皆はすぐ「人を幸せにしたい」「社会貢献をしたい」と言いたがる。しかしそんな事は考えたりしないで、その概念を捨てるべきである。

まずマインドセットにおいて必要な事は、「人を幸せにしたい」ではなく、まず「キャッシュをみ生み出す」マインドセットである。

それは何故か、今でこそホリエモンもロケットを国の産業にしたいとか、ZOZOの前澤さんもTwitterで1ツイートいくら寄付しますなど社会貢献をしているが、

この人たちもまずはキャッシュを生み出していた。前澤さんはレコード販売、ホリエモンもホームページ制作会社を行っていた。

何故、キャッシュを生み出すマインドセットが必要なのか

多くの人は3種類の収入の種類がある。

TIM:Time Is Money(時間がお金)、RIM:Result Is Money(結果がお金)、KIM:Knowledge Is Money(知識がお金)である。

サラリーマンであれば、見込残業や通勤時間を労働時間と考えれば、もっと貰えるはずだが貰えていない。これがサラリーマンである。

また日本では正社員よりもアルバイトの方が下にみられる傾向があるが、アルバイトの方が賢い働き方である。アルバイトは時給で働いているが、これは弁護士やコンサルタントと同じ考え方なのである。

しかし正社員、アルバイトは自分の働いた「時間」に対してお金を貰う仕組みである。これがRIMに変わる時はどういう時か。

例えばサラリーマンが副業を行う。あるいは、インセンティブのあるサラリーマン。これは自分の給料に加えて自分の出した結果に対して報酬を貰う。この時にサラリーマンはRIMに変わる。

RIMで結果を出して会社をやめてしまうと、フリーランスになる。こうなると完璧にRIMである。

この後は経営者である。経営者は実際に労働時間は短く、他人の力を借りて会社を運営していく。そうすると働く時間は短く入る収入は大きくなる。

尚且つ、もっとすごいのは資産家、投資家である。お金を他人に任せて、お金を生み出す。なので入る収入は増え、働く時間は極端に少なくなるのである。

これが大きく分けた働き方の種類である。

そして多くの人は、KIMやRIMの時に「人を幸せにする」と言いたがるのである。そもそも理論的に社会貢献なんて出来ないのである。

サラリーマンは自分の働いた時間以下の給料しか貰っていないし、アルバイトも働かなければ人を幸せにするお金すらない。フリーランスも同じである。人を幸せにする時間もお金もない時にそんな事を言ったとしても理にかなってない。

唯一人を幸せにできる時は、経営者になった時、資産家になった時は社会に貢献する時間もお金もあるのである。

自動販売機に落ちている1円を拾いますか?

拾ってしまう人、拾うからこそなかなか収入が上がらないのである。これはビルゲイツが100ドル札を拾わない話で有名であるが、これと同じ。

例えば月に30万円稼ぐサラリーマンの場合、月に20日間働くと1日に1.5万円の収入です。9時間労働で考えると時給は1666円、分給27円、秒給0.5円となる。

そうなると1円を拾うのに3秒くらいかかるとすると3秒で1.5円の自分の価値より低い物に対して時間を割いてしまうことになる。

このように自分の価値を把握して、それを挙げる行動するマインドセットが必要である。これは独立、経営するうえでとても重要になる。

自分の1秒っていくらで、このプロジェクトにはどのくらいの口数がかかるのかを把握しそれ以下の案件であれば自分の貢献は下がってしまう。

これは経営者ほど把握している。自分の価値を把握しないで、行動すると何も良い事は起こらない。逆に目標にも繋がらない。

1円でも1秒の価値を上げていかないといけない。昨日よりも今日が0.01円でも高い行動や言動をしていかないといけない。

1円を拾っても良いのは月収10万円以下の人だけである。

なのでそれに見合った行動をするマインドセットをする必要がある。

-MUPカレッジ

© 2020 自分の体は自分で守る Powered by AFFINGER5